医療の進歩が目まぐるしい中で医療費が圧迫

現代社会におきましては、医療の発展も目まぐるしく感じ、そのお陰で、益々寿命がに日て居るように見受けられます。かと言って、必ずしも、健康寿命ではないと思われますので、複雑な気持ちも拭えません。実際医療に関する、保険が、かなり圧迫しているといった深刻な事態になっているからです。その負担は主に若い世代にのしかかり、将来が心配になってきます。若い内には余り、病気も少なく、病院に行く機会も殆どの無いと思われます。そして、保険料も沢山納めているにも関わらず、3割の負担を課せられるため、なるべく医療のお世話にならない様に頑張っている面も多々あるのではないかと思われます。その逆に老人たちは、1割負担だからと言って、直ぐに病院へ行くように見受けられます。病気で有ればそれは仕方のない事ですが、今彼方此方に沢山増えている、整体や、マッサージ屋などに毎日のように通われている姿をよく目にします。医療とは呼べない分野にも保険が適応されている実態に、メスを入れるべきだと考えます。